*

クルミの外皮の処理をするよ!

公開日: : 最終更新日:2017/01/15 山菜・野草

こんにちは「ぴよ」です。

imgp2386

 

前回の秋の味覚を楽しむ!河川敷でクルミの採集の記事で採集したクルミです。

採集後、とりあえず畑の中に埋めておきました。

そろそろ良い感じになっている頃ではないでしょうか。

食べるための処理をしたいと思います。

というわけで掘り出して確認してみましょう!

 

 

頑張って畑から掘り返す

 

imgp2443

手持ち用のクワで畑に埋めておいたクルミちゃんをほじくりかえしてみます。

 

ちなみになぜ埋めるのかというと、そうすることによって外皮を腐らせて中身を取りやすくするためだそうです。

水につけておく方法もあるようですが、ぴよは埋めます。

なぜなら、埋めた方がお宝っぽいからです(笑)

銀杏も同じような処理をしますよね。

 

ということで、ほじくりかえした実を確認すると良い感じに茶色&柔らかくなっています。

残さず回収するため、一生懸命ほじくります。

 

外の皮をむきまくって中身を回収

imgp2444

ほじくりかえしたクルミの外皮を取っていきます。

 

外皮にはものすごい「渋」があって、直接触ると手にこびりついて取れないぐらいらしいです。

そんな状態にはなりたくないので、軍手をつけることにします。

まぁ、軍手つけずに素手でこんな茶色いの触りたくないですけどね(^_^;)

クルミを掴むと外皮がずるっと取れるので簡単です。

取れた外皮はまた畑に放っておきます。

たぶん栄養になるんでしょう。たぶん。

がんばって全てのクルミの中身を取り出していきます。

結構面倒くさいです。ここは頑張りましょう。

 

水で洗う

 

imgp2445

さぁ、頑張って全ての中身を取り出したら水洗いです。

外の水道で水を掛けますがなかなか黒ずみ(クルミの渋)は取れません。

なんと!ここでも軍手が効果を発揮!

軍手は布の目が粗いので、軍手をしたまま手でこすり洗いをすると結構黒ずみを取ることができます。

軍手有能です。

 

ある程度汚れを落としたら台所に移動し、さらに水を流します。

最終的にこんな感じになります。

たわしなどで擦ればもっときれいになりますが、他人にあげるわけでもないのでこんなもんで良いでしょう。

imgp2446

 

乾燥させる

 

imgp2449

さぁ、これで食べる用意ができました。

と言いたいところですが、美味しく食べるためにはさらにここから乾燥させると良いそうです。

その方が保存も出来るそうですよ。

ということで、干し網にクルミを入れて乾燥させていきます。

 

これで処理は終了です。

乾燥したら食べることが出来ます。

が、和グルミは中身を食べるのも一苦労なのです。

スーパーやホームセンターで売られているクルミ割では結構キツいです。

中身の取り出し方はまた次回ということで。

 

 

スポンサードリンク

関連記事

タラノメ採取には遅かった 春の猟場を探索する

こんにちは「ぴよ」です。     桜が散り、四月も下旬になる頃

記事を読む

硬い和クルミ(オニグルミ) 力をいれずに簡単に割る方法

こんにちは「ぴよ」です。 前回下処理をして乾燥させたクルミたち。 乾燥させることで保存状態を

記事を読む

秋の味覚!?エノコログサ(ねこじゃらし)を団子にして食べる!!

こんにちは「ぴよ」です。 前回、食べられる野草、エノコログサ(ねこじゃらし)の採集という記事で書い

記事を読む

食べられる野草、エノコログサ(ねこじゃらし)の採集

こんにちは「ぴよ」です。   日が暮れるとさすがに寒くなってきました。

記事を読む

採集したノビルは味ぽんに漬けて食べると美味い!

こんにちは「ぴよ」です。     ぴよはただいまゴールデンウィ

記事を読む

春なのでノビルやカンゾウなど食べられる草を見つけに行く

こんにちは「ぴよ」です。   本日はこちら、風もなく穏やかな感じでございます。

記事を読む

美味いのか?ギシギシとノビルで野草ポタージュを作る

こんにちは「ぴよ」です。     前回ノビルを採りに行ったとき

記事を読む

散歩しながら河川敷でノビルとギシギシの採集

こんにちは「ぴよ」です。     暖かい日が続くようになってき

記事を読む

秋の味覚を楽しむ!河川敷でクルミの採集

こんにちは「ぴよ」です。   出回っている秋刀魚も当初より安くなってき

記事を読む

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑