*

空気銃猟 エースハンターの本気に驚く!ヒヨドリ祭り

公開日: : 2016年度

こんにちは「ぴよ」です。

 

週末に寒波が来るとのことですが、今日も十分寒いんですけど。

おかげで目覚ましセッティング時間より30分遅く起床。

準備をして出発です。

今日はいつもと逆のルートでまわってみたいと思います。

 

車を走らせ猟場に。

ここのエリアは3箇所見回るところがあるのですが、そのうちの一つでキジバト発見。

何とか近づいて引き金を引きますが中らず飛び立っていきます。

残念。

いつもの様式美ですね。

キジバト食べてみたいんですがねぇ…。

見回り終了後、気まぐれに他の場所も覗くことに。

 

木にヒヨドリがいます。

距離30m弱くらいか。だいたい。

レンジファインダー欲しいですね。

狙って…トリガー。

乾いた音と同時にヒヨドリ落下。

おぉ、やった。

回収に向かうとまた木にヒヨドリが飛んできます。

回収後また離れて待っているとヒヨドリ。

どうやらこの木は中継地点のようですね。

今日はここで粘ることにしましょう。

 

結果…大猟。

初めてのことでビックリ。

ほぼワンショットワンキル。

距離とポンプ数がマッチしていたんでしょう。

エースハンターの本気を見せつけられました。

猟期前に「近江屋」さんでオーバーホールを頼んでおいてよかった。

今までのへたれっぷりは、やっぱりぴよの腕だったのです。

うれしい!

でも、羽毟るの大変だなぁ(^_^;)

家のベランダで羽毟り。

毟っていて気がつきましたが5.0mm弾でもヘッドショット以外は結構肉が痛みますね。

プレチャージ欲しいと思っていましたが、このままでいいかも。

むしろ4.5mmのエースハンターに変えたい気分ですね。

 

とは言いつつ、プレチャージ欲しいです(^_^;)

 

羽毟りと内臓処理が終わったので、とりあえず砂肝を食べてみたいと思います。

うん、クセも無くおいしい。

本体のほうも脂がのっていて食べるのが楽しみです!

スポンサードリンク

関連記事

空気銃猟 キジバト・ヒヨドリ・ムクドリに会うも安定の・・・

こんにちは「ぴよ」です。   今期三度目の出猟です。 もう12月

記事を読む

空気銃猟 強風で断念

こんにちは「ぴよ」です。   こちらでは昨日から強風が吹いているというバッドコ

記事を読む

空気銃猟 キジ・ヒヨドリ・キジバト・カラスと遭遇、そして謎の穴

こんにちは「ぴよ」です。   本日も出猟しました。 とりあえずいつもの場

記事を読む

空気銃猟 ノウサギと遭遇

こんにちは「ぴよ」です。     なんとか年末に休みが

記事を読む

空気銃猟 猟期中に初めてキジ&マガモと出会った

こんにちは「ぴよ」です。   昨日の関東に雪が積もるという予報は的中。埼玉でも

記事を読む

空気銃猟 猛禽類の狩りを目撃

こんにちは「ぴよ」です。   最近寒すぎて布団から出るのが億劫になって

記事を読む

空気銃猟 今期最後、キジバト&カラスをGET!

こんにちは「ぴよ」です。   2月15日(猟期最終日)が迫っております

記事を読む

空気銃猟 待ち猟してたらキツネに驚かれた

こんにちは「ぴよ」です。 今日は久しぶりにお休みです。 前回の休みは猟に出られなかったの

記事を読む

今期最初の空気銃猟 キジバト・ヒヨドリに会いました

こんにちは「ぴよ」です。   ハンターのみなさんは狩猟が解禁となり獲物

記事を読む

空気銃猟 キツネと遭遇、でも安定の・・・

こんにちは「ぴよ」です。   すっかり寒くなってきましたね。 だんだんと

記事を読む

スポンサードリンク

Comment

  1. 槍のナガサKI より:

    う、嘘だ…こんなにヒヨドリが大猟だなんて…
    お、お前ぴよさんじゃないな!?本物のぴよさんを返せっ!!(TДT)

    冗談はともかく。(笑)
    獲物の連続ゲット、本当におめでとうございます!数があるといろんなレシピが楽しめますなぁ♪
    この調子で今期は更なる獲物をゲットして味わいましょうぞ!(⌒0⌒)/

    • s-asobitai より:

      槍のナガサKI様

      ぴよはACT1→ACT2へと進化したのです(笑)
      いやー、自分でもビックリですよ。
      シモヘイヘか山猫尾形かって感じですよ。
      死ぬほど獲物までの距離が近かったけども(^_^;)
      たくさん獲れたはいいけれど、そもそも小鳥って焼く以外に食べ方にレパートリーあるんでしょうか?
      よろしければご教授を。

  2. トキハ より:

    そんな簡単にヒヨドリが獲れるとはねぇ。
    ヒヨの場合、腸を抜かなくてもそのままで1週間程度羽つきのまま熟成するのがいいらしいですよ。
    個体が小さいから熟成前には腸抜きが不要なんだとか…フランス料理を出している店主兼ハンターの著書にあるので嘘ではないのでしょうね。

    うちの方にもヒヨはいるにはいますが、木にとまるのを見ることがあまりありません。
    カモはトモエガモなんて珍しいのもいますし(非狩猟鳥)、ホシハジロは掃いて捨てるほどいる上にマガモもちらほらいます。
    車で15分範囲で数ある野池・灌漑池にはうじゃうじゃいるので最近は食傷気味です。(笑)
    でもスコープ調整が出来てないのでまぐれ当たりの1羽だけのままですよ~。
     

    • s-asobitai より:

      トキハ様

      簡単というよりはラッキーだったんだと思います。
      たぶん群れが巡回していたのではと思います。
      次回も同じことが起こるとは限りませんからね。

      腸抜き不要とはいいことを聞きました。
      今度やってみます。
      カモうじゃうじゃ、うらやましいですー。

  3. トキハ より:

    小さい野鳥は腸抜き不要で、食べる寸前の羽根をむしる時に抜けばいいらしいです。
    すぐに食べないなどの時は、羽つきのままで冷凍しても問題ないそうです。
    冷凍した場合、熟成はどうなるのかまでは書かれていませんが、解凍後に熟成させるのかもしれませんね。
    熟成は羽つきで冷蔵3~5日程度らしいです。

    骨ごとバリバリ食べられるとのことですが、脂が乗っている場合、皮目を下にして焼くと脂が落ちてしまうので皮目は直に焼かないのがコツらしいです。
    半分に切ったみかんの実にグラニュー糖を振って、バーナーで焦げ目を付けた後にオーブンで焼いて果汁を沸かせ、半割にして塩を多めに振って(炭火で)焼いたヒヨドリを乗せればフレンチの完成。

    他にはシンプルに焼き鳥でも十分美味しいのではないでしょうか。
    タシギが焼き鳥の王様と呼ばれるらしいですが、まず見かけませんよね、ヒヨドリでもわたしにとっては食べたことがないので羨ましいです。

    >よろしければご教授を。
    この場合、ご『教示』をが正しいかと。

    >結構肉が痛みますね。
    痛むも結構難しくて、痛むが通用する場合と傷むを使う場合があります…。この場合は傷むかな。
     

    • s-asobitai より:

      トキハ様

      なるほど、冷蔵で5日程度熟成するんですね。
      次に獲物が獲れたらチャレンジしてみたいと思います。
      ありがとうございます!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

空気銃で鳥猟!持って行く道具の紹介2017

こんにちは「ぴよです」    

ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)を鍋にして食べる

※獲物を解体する写真があります。苦手な方はご遠慮ください。 &n

普及するのは培養肉(イン・ヴィトロ・ミート)か 人工肉(フェイクミート)か

こんにちは「ぴよ」です。    

山形では郷土料理の材料に スベリヒユ(ひょう)を食べる

こんにちは「ぴよ」です。   だんだん寒くなり、

夏野菜の撤去&秋ジャガイモの植え付け

こんにちは「ぴよ」です。    

→もっと見る

PAGE TOP ↑