*

ペットボトル製のびんどうで獲物を手に入れる

公開日: : 最終更新日:2017/08/09 生き物

こんにちは「ぴよ」です。

 

 

世間的にはゴールデンウィークも、もうすぐ終わりですね。

ぴよは一足お先にお仕事開始です。

というわけで、少し前のお話。

 

昨年作ったペットボトルびんどう。

一回使用してそのまま家の外の洗い場に放置。

ふと思い立ち、一年の時を経て再始動。

獲物GETだぜ!

 

小川(水路)にびんどうを仕掛ける

 

まずは家の近くにある田んぼ横の小川(水路)に向かいます。

エサは家にあったザリガニのエサ。

家でミナミヌマエビを飼っているので、ソイツのエサを拝借してきました。

ペットボトルの中に適量を入れます。

そうしたら手ごろな場所にペットボトルを投入。

ペットボトルは軽いので、中に小石などを入れるなどして浮かばないように工夫しましょう。

後は放置です。

とりあえず一日様子を見てみましょう。

 

翌日びんどうを引き上げる

 

投入して24時間後ぐらい経ちましたので引き上げ作業に向かいます。

あれ?何か入れた時より浮いてるような…

入り口の方が浮いていたので獲物が入りづらそうですねー。

とにかくサルベージ。

持って行ったバケツの中に獲物を出していきます。

中身はこんな感じでした。

ザリガニ×1

ヌマエビ×10

カワニナのようなもの×3

こいつらをみんな、ベランダにあるミナミヌマエビ飼育発泡スチロールに入れてやりました。

ミナミさんがんばれ!

スポンサードリンク

関連記事

ミシシッピアカミミガメ(あわよくばスッポン)を捕まえに行く

こんにちは「ぴよ」です。   夜はあちこちから虫の大合唱が聞こえ、秋を感じるよ

記事を読む

イナゴの佃煮とバッタの素揚げを作って食べる。

こんにちは「ぴよ」です。     ※虫を調理する画像があります

記事を読む

仕事帰り、深夜に用水路でザリガニ釣りをしてみる

こんにちは「ぴよ」です。     勤め人であるぴよは、普段は仕

記事を読む

フランス料理では高級食材 ザリガニの塩茹でを食す

こんにちは「ぴよ」です。     用水路から獲ってきたアメリカ

記事を読む

イナゴ袋を作ったので田んぼにイナゴを獲りに行く

こんにちは「ぴよ」です。     ここ最近こちらでは、あれ?梅

記事を読む

スポンサードリンク

Comment

  1. 槍のナガサKI より:

    当方も先週、姪ッ子達とメダカ採りに田んぼへ行ってきました。
    産卵の為に狭い用水路に入ってきてた1m近い金鯉に驚き、硬直してた姪ッ子達がカワユスでした♪

    さらばGW、また来年。
    またいつか自然の中で遊べる日まで、お互いお仕事頑張りましょう!

    • s-asobitai より:

      槍のナガサKI様

      用水路に鯉が遡上する光景。
      姪っ子でなくても硬直するのでは!?
      ぴよなら間違いなく硬直するッ!

      またいつか
      …なんていうほど自然から離れてないと思います、お互いに(笑)
      仕事つらーい!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑