*

カジカの穴釣りに行ったら撃沈したのでサワガニを採取した

公開日: : 魚釣り ,

こんにちは「ぴよ」です。

 

 

突然ですが、「カジカ」って知ってますか?

綺麗な声で鳴く「カジカガエル」というのもいますが、ここで話すのは魚のほうです。

海にいるカジカと川にいるカジカがいるようですが、ここで話すのは川カジカ。

すごく美味しいらしいんです。

炭であぶって「骨酒」にしても美味しいらしいんです。

そんな美味しい魚なら食べてみたい!と思うのが人情ってもんじゃないですか。

ということで、実際に釣ってきて食べてみたいと思います。

いざ、準備!

 

竿を改良する

 

カジカは石の隙間に竿先を差し込む「穴釣り」と呼ばれる方法で釣るのが一般的。

カジカ狙いの釣り師は穴に差し込みやすいように、それぞれ竿を改良してしているようです。

ということでぴよも竿の改良に挑戦。

 

まずは釣具屋で格安グラスロッドを購入。

長さは1メートル前後のものが使いやすいようです。

その先にスプリットリングでハリス止めをつけました。

これだけではハリス止めがブラブラして安定しないので、ウキ止め用のゴムで固定。

こんな感じになりました。

これでハリスがブラブラしません。

なかなか良い感じ。

 

箱メガネを作る

 

カジカの穴釣りには、水中を覗くための「箱メガネ」や「タコメガネ」と呼ばれるものを持っていくと良いみたいです。

しかし、これが結構なお値段がするんですね。

まぁ、値段的には1000円ちょいで売っているのですが、正直水の中覗くだけのものにしては高くないですか?

というわけで、コチラは自作することにします。

 

まずは100均で買い物。

・プラケース(フィギュアなんかを飾るやつ)

・結束バンド(タイラップとかインシュロックとも呼ばれる)

・キーチェーン

 

全部で300円なり。

これを使って工作します。

これがプラケース。

透明な部分を使います。

作成後。

電動ドリルで穴を開けて、結束バンドを装着して、キーチェーンを通しました。

特に割れもなくいい感じに仕上がりました。

これで完成です。

簡単ですね!

 

いざ、実釣!

 

カジカは水の綺麗な川に住む夜行性の魚で、昼間は石の間に身を隠しているそうです。

だから、川底の綺麗な大き目の石が転がっている場所を探すといいでしょう。

今回はこんな感じの場所で釣ってみることにします。

 

早速、自作箱メガネで水中を見てみると…

画像では良く分かりませんが、かなりクリアに見えます。

300円分の価値は十分にありますね!

 

竿の準備。

ハリス止めに10センチぐらい糸をたらして針をつけます。

針のすぐ上にガン玉を装着。

エサは釣具屋で買ってきたイクラを使用。

それでは穴釣り開始です!

 

ツンツン…

ツンツンツン…

…うん、釣れない。

穴という穴に「これでもか!」とツンツンしまくりますが、まったく反応無し。

男として、いや、釣り師として切なすぎです。

数時間この地味な作業を繰り返すので、だんだん腰も痛くなってきます。

中腰で穴を覗きながら釣るので結構腰に負担がかかるんです。

 

何とか獲物を持ち帰らなければ!

竿を放り出して石をひっくり返します。

現地の魚は現地のエサで!

ということかと思いきや…

 

結果…

 

カジカを釣りにいったのに、サワガニを手に入れました。

石をひっくり返していたのは川虫を取っていたのではなく、サワガニを捕っていたのでした。

というわけで今回カジカは釣れませんでした。

そのうちリベンジしたいですね。

コイツをから揚げにして食べよう。

 

釣りは楽しいですよ!

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

記事はありませんでした

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

  • 名前:ぴよ
    性別:男性
    妻・娘・息子の4人家族
    仲良く楽しく暮らしています。
    旧ブログ
PAGE TOP ↑