自給自足生活に憧れるへっぽこサラリーマンです。 諸活動によりGETした獲物の画像を載せる場合もありますので記事によっては閲覧ご注意ください。

もっと!自然の中で遊び隊

2016年度

今期最初の空気銃猟 キジバト・ヒヨドリに会いました

投稿日:2016年11月18日 更新日:

こんにちは「ぴよ」です。

imgp2435

 

ハンターのみなさんは狩猟が解禁となり獲物GETに励んでいることと思います。

すでに獲物を手にしてウハウハな方も多いでしょうね。

なんて羨ましい!

ということで、本日ぴよも今期の初狩猟を楽しんで来ました。

猟期は短いので、全力で楽しみたいですよね!

 

猟果を決めるルート選択は大事です

 

imgp2434

狩猟者登録するともらえるハンターマップとgoogleマップ、それと以前持ち物の記事で書いた1/25000の地形図を見てルートを決めます。

基本的にぴよは「ヒヨドリ」「ムクドリ」「キジバト」がいると思われるエリアをまわっています。

収穫の終わった田んぼがある近くをメインでまわっていく感じです。

車で流しつつ、鳥の姿が多いときはその場で待ってみたりしています。

昨年カモとエンカウントしたことで、いくつかの池もルートに加えました。

とりあえず今回は自宅から「遠→近」のルートでまわりたいと思います。

確実に獲物がいる池などがあれば先にまわるのもいいですね。

 

猟場に行くと、いろいろな木が紅葉していて綺麗です。

こんな景色を見るだけでなんとなく幸せ。

人間、やっぱり少しは自然に触れるべきですよ!

そんな中、木の枝にキジバト発見。

スコープを覗き狙いを定めます・・・。

撃ったと同時に羽が散りました。

が、キジバトが元気に飛び去ります。

どうやら羽の部分をかすっただけみたいです。

まぁ、ファーストショットはこんなもんだよね。

今後に期待しましょう。

はい、場所移動。

 

散弾撃ちは空薬莢を持ち帰ってほしい

 

移動中に山の中腹に畑を発見。

そこを見ると無数の足跡が。

imgp2436

写真ではわかりませんが、ほじくり返されているような跡がありました。

せっかく種をまいても、ほじくり返されたらたまりませんよね(^_^;)

農家さんの苦労が垣間見えます。

 

その後、いくつかの池をまわり、謎のカモを発見。

撃てるカモなのか、撃てないカモなのかが分からないので狩猟読本で確認。

うーん、絵じゃよく判らないや(笑)

カモの勉強をしないとですね。

ということで撃たずに移動。

他の池もまわります。

そんな中で気になったのが・・・。

imgp2435imgp2440

カモがいた池とは違うのですが、まわった池(二ヶ所)に空薬莢が落ちていました。

これがあるということはカモがいるという証拠にもなるんですけどね。

こういうことをするやつと鉢合わせになるとトラブルとか、いろいろ面倒くさいことになりそう。せめて自分で出したゴミは自分で持ち帰ろうよ・・・。

散弾撃ちは空薬莢持って帰らなくてもいいことになってるの!?

性分解性プラスチックで出来たBB弾とはちがうのですよ。

銃所持者は特別な許可を与えてもらってるんですから、せめて自然にかえらないゴミは持って帰る。

これぐらいはして欲しいと思います。

 

何となくうーん・・・なことはありましたが、全体的には良い初猟になりました。

今年も獲物をGETするぞ!

猟期は数ヶ月ですが、皆さん楽しみましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-2016年度
-

Copyright© もっと!自然の中で遊び隊 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.