自給自足生活に憧れるへっぽこサラリーマンです。 諸活動によりGETした獲物の画像を載せる場合もありますので記事によっては閲覧ご注意ください。

もっと!自然の中で遊び隊

外遊び

理想生活の一つを提示してくれるマンガ 東京のらぼう!

投稿日:2016年12月4日 更新日:

こんにちは「ぴよ」です。

imgp2476

 

本日、日曜でしたがお仕事でした。

みなさんはイイ感じに出猟していたのでしょうか??

うらやましい。

 

本日ぴよのブログ、会社のお仲間にばれました(笑)

イェーイ、見てるー?

みんなには言わないでください。オナシャスm(__)m

 

今回紹介する本は、関口太郎氏の描いている「東京のらぼう!」。

内容としては

「よつばと!」に代表される親子日常マンガ+最近流行の田舎生活

という、ある意味ありふれた内容です。

が、なぜ良いのか。

それは話の舞台が東京都「あきる野」だからです。

ぴよの実家から非常に近いのです。

しかもいろいろ知っている場所が出てくるわけです。

とうもろこしを食べている扉絵を見ても「あそこの道で買ったヤツか!」とか思えちゃうわけです。

親近感がおのずと沸いてくるってもんです!

今回はただぴよの地元愛が噴出しただけの記事となっております(^_^;)すみません。

 

というわけでオススメポイントは…。

 

子育てマンガ要素がある

 

ぴよにも娘がいるので父親と子供(特に娘)が出てくるものはつい見てしまいます。

父娘の関係が良好だと微笑ましいですし、うちの娘もこんな感じに育たないかなぁと感情移入しちゃいます。

あ、うちの家族関係は良好ですからね(^_^;)

絵柄も「ハチミツとクローバ」や「3月のライオン」を描いている羽海野チカ氏に似ているところもあり子供がかわいい!

あ、うちの娘もかわいいですからね(笑)

 

自然を絡めた地元話

 

あきる野を1ページ目から「田舎」と言い放つところがおいおいって感じです(五日市方面はたしかに・・・)。

が、実際にある周辺の自然を絡めて進む話がぴよの理想の子育てを描いてくれているわけです。

そう、こんな子育てがしたい。

自然で遊ぶ=男の子だけのものじゃないぞ!

また、 サラリーマン猟師の東京あきる野Lifeのブロガーさんが行っている「罠シェアリング」もさりげなく紹介されていて、そこからも作者の地元愛が感じられます。

 

と、ここまで語りましたが、別にあきる野知らなくても十分楽しめます(笑)

子育てパパはぜひ!

 

20170706追記

東京のらぼう!

7月4日発売の2巻で完結してしまいました。

残念(T_T)もっと読んでいたかったのに…。

他の出版社で連載再開!ってなったら嬉しいのになぁ…。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-外遊び
-

Copyright© もっと!自然の中で遊び隊 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.