自給自足生活に憧れるへっぽこサラリーマンです。 諸活動によりGETした獲物の画像を載せる場合もありますので記事によっては閲覧ご注意ください。

もっと!自然の中で遊び隊

外遊び

BE-PAL付録、SHO'S(笑’s)とコラボの焚き火台を組み立てる

投稿日:

こんんちは「ぴよ」です。

 

 

だんだんと陽気も春らしくなり、外遊びが楽しくなる季節がやってきました。

どこに行くか考えるだけでワクワクしますね。

というわけ(どういうわけ!?)で、久しぶりにBE-PALを買ってきました。

なぜかというと、今回の雑誌には付録として「焚き火台」が付いているからです。

しかも「笑's」さんとのコラボです。絶対手に入れなければ!

「笑’s」さんは「B6君」などで有名なプレス加工のプロフェッショナル。

「ゆるキャン」ともコラボしていましたね。

これは期待できますよ!

 

いざ開封!

 

雑誌の記事には目もくれず(後で読んだよ!)付録の確認。

オレンジ色の箱の大きさは10cm×12.5cm。

この箱のサイズなら、中身は相当コンパクトですよ。

パーツは全部で4つ。

重量はわずか65g。

収納時の厚さは約1.2cm。

思っていたとおり軽量&コンパクトにまとまっていました。流石です!

 

組み立ててみる

 

パーツを組み立ててみるとこんな感じになりました。

以前、雑誌の付録に付いていたスキレットとも相性バッチリな大きさのようです。

色々考えられていますね。

エスビットのポケットストーブとの比較。

上に乗せてみるとこんな感じ。

これで、大体の大きさがわかってもらえるでしょうか?

なんて素敵な焚き火台でしょう。

 

あえて欠点を挙げるとするなら、ステンレスが薄いことでしょうか。

雑誌の付録なので仕方がないのですが、ペコペコします。

B6君の素材よりも薄いので華奢な感じが否めません。

また、調理使用面での過度な期待はしないほうがいいかも。

あくまでも「ミニ」焚き火台です。

とはいえ、固形燃料やアルコールストーブとも併用できそうな大きさなので、工夫次第で楽しさは無限大!

予算が限られている付録でここまでのものを作るなんて脱帽です!

楽しみが増えそうなアイテムなのは間違いなしです。

 

焚き火台、ぜひゲットしよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-外遊び

Copyright© もっと!自然の中で遊び隊 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.