自給自足生活に憧れるへっぽこサラリーマンです。 諸活動によりGETした獲物の画像を載せる場合もありますので記事によっては閲覧ご注意ください。

もっと!自然の中で遊び隊

自転車

フィットネス&野草探索用にクロスバイクを購入 メリットとデメリット

投稿日:

こんにちは「ぴよ」です。

 

 

最近、年齢のせいなのか身体のあちこちにガタがきています。

健康診断でも血圧やら心電図やら、なんか色々と引っ掛かかるんですよね。

夜中に食べる仕事終わりのラーメンがいけないのでしょうか。

医者にかかって必ず書かれるor言われるのが「適度な運動をしましょう」。

そんなことは分かってるんですよ。

でも「適度」ってどのくらいなのさ?

ジム通いは面倒くさいし、ランニングは地味にツライ。

あまりストイックなことを好む性格ではないので、自分を追いつめる系の運動は続かないのが目に見えています。

ということで買ってしまいました。自転車。

ロードバイクにしようかと悩みましたが、自分の自転車の使用目的が「運動&野草探索」メインになるはずなので、走ることに特化したロードバイクではなく、のんびり移動できるクロスバイクにしました。

まぁ、ロードに手を出す予算がなかったんですけどね。

 

ちなみに、以前は折りたたみ自転車を持っていたのですが、家の敷地に置いていたら、いつのまにか盗まれてしまいました。

ボロかったので処分しようと思っていたから結果オーライなのですが…なんかモヤモヤしますよね。

今度はきちんと管理しましょう。

 

自転車を購入

 

こちらが購入した自転車。

ビアンキ(Bianchi)というイタリアメーカーのクロスバイク、C-スポーツ(C・Sport 1)です。

クロスバイクの中でもエントリーモデル(安い)のやつ。

青緑色した「チェレステ」と呼ばれるカラーです。

ブラックも良かったのですがビアンキのシンボルカラーであるこの色にしました。

カッコよすぎて鼻血でちゃう!

 

クロスバイクのメリット

 

実際にクロスバイクに乗って感じた「良いところ」をまとめました。

 

軽い

とても軽いです。

今まで乗ったママチャリや折りたたみ自転車は金属の塊だったのでは?と思うほど。

まぁ実際、金属の塊なんですけどね。

クロスバイクは誇張なしで片手で持ち上げることができます。

結果、取り回しが非常に楽なんです。

軽いは正義。

 

色々なパーツの動きがスムーズ

車体の軽さもあると思いますが、駆動系のパーツや回転系のパーツの動きがとてもスムーズ。

ママチャリなんか比べものになりません。

物理法則のことはよくわかりませんが、少しのインプットが大きな推進力に変わる感じです。

だからペダルを回せば回すほど、こちらが思っている以上にスピードが上がる。

風が語りかけます。速い、速すぎる。

 

身体が引き締まる

これに関してはこれから検証ですが…。

今まで運動していなかったので、きちんと乗り続ければ痩せるはず!

体重が増えたとしてもそれが筋肉で引き締まった肉体になっているなら、鏡に向かう回数も増えちゃいますね。

乗った後の適度な疲労感はとても気持ちがいいです。

筋肉が喜んでるよ!

 

世界(視野)が広がる

自転車に乗ると普段と違う道に行きたくなるのはなぜでしょうか?

車より小回りがきくので、気になるわき道にスッと入っていける気軽さがあります。

何気に自分の家の近所でも「おぉ、この道はココに繋がっているのかー」なんて発見があったりするので楽しい。

野草探索なども車よりゆっくり周囲の確認が出来るので、今まで気付かなかったものにも気付くことが出来ます。

 

クロスバイク(スポーツバイク)のデメリット

 

クロスバイクというより、スポーツバイク全般にいえるデメリットも感じました。

しかし、趣味として自転車を扱うなら受け入れられる範囲ではないでしょうか。

他の趣味も多かれ少なかれ同じような部分はありますからね。

 

お金がかかる

ロードバイクと比べたら安いクロスバイクも、ママチャリなどと比べるとやっぱりお高いです。

しかもスポーツバイクは最低限のものしか付いていないので、夜間用のライトやベルなどのパーツを自分でそろえる必要があります。

ママチャリよりもスピードがでるので、ヘルメットやグローブなどの自分を守るためのアイテム、スピード確認のためのサイクルコンピュータ、より踏みやすいペダル…。

あれも欲しい、これも欲しい。これよりあっちの方がいいんじゃないか?

はい、いくらお金があっても足りませんね。

ええ、それが趣味ってもんです…。

 

盗難(保管場所)に気をつかう

ロードバイクよりは少ないと思いますが、それでも車両本体価格は決して安くないので盗難の可能性があります。

お出かけ先での施錠は気を使いますし、自宅での保管方法も色々悩みます。

今は玄関に置いてありますがとても狭いんですよ。

とても客人を招き入れるような状態ではありません。

今後どうしようか考え中です。

 

身体のどこかが痛くなる

年齢ゆえに、もともと肩と首に痛みを感じていましたが、クロスバイクに乗ると身体に負担がかかるのか一時間も乗ると首に激痛が走ります。

乗り方によっては股間の部分も痺れたりして色々大変です。

ロードバイクだったらもっと酷かったのではないでしょうか。

まだ乗るときの姿勢が上手くないのだと思いますが、なかなかキツイのが正直なところ。

このあたりは乗り続けることによって鍛えていくしかないのでしょう。

修行。

 

メンテナンス技術

今回購入したクロスバイクはタイヤが太いのであまりパンクの心配はなさそうですが、それでもパンク修理の技術は絶対必要です。

それ以外にもブレーキやギヤ、チェーンなどの定期的なメンテナンスは必須。

ここをおろそかにすると、せっかくお高い値段で買ったスポーツバイク本来の性能を発揮できません。

これを面倒くさいと思うのか、楽しいと思えるのかでスポーツバイクの趣味が続くか否かが決定すると思います。

 

最後に

 

今回買ったクロスバイク。

事前にリサーチはしていたのでメリット、デメリットともある程度想定内でした。

ただ、「お金」の部分は気をつけないとどんどんパーツを買ってしまいそうですね。

その世界にハマってしまうことを「沼」といったりしますが、ぴよは釣り、銃、自転車と「沼」要素の高い趣味ばかりしているんですよ。

あ、カメラもそうだった(レンズ沼)…。

適度なところで線引きをしないといけないですね。

お財布と相談しながら自転車ライフを楽しみたいと思います!

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-自転車

Copyright© もっと!自然の中で遊び隊 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.