自給自足生活に憧れるへっぽこサラリーマンです。 諸活動によりGETした獲物の画像を載せる場合もありますので記事によっては閲覧ご注意ください。

もっと!自然の中で遊び隊

魚釣り

神奈川の管理釣り場「リヴァスポット早戸」でルアーとテンカラを楽しむ

投稿日:

こんにちは「ぴよ」です。

 

 

仕事は休み。朝起きるといい天気でした。

こんな日に釣りしたら気持ちいいだろうなぁー。

なんて空を見ながら考えていたら、いつの間にか車に竿を積み始めていました。

もう、これは行くっきゃない!

高速を使って埼玉から神奈川へ移動。

 

今回は数年ぶりにこちらの管理釣り場にやってきました。

「リヴァスポット早戸」さんです。

 

リヴァスポット早戸とは

 

神奈川県の宮ヶ瀬湖に流れる川の一つ、早戸川にある管理釣り場。

ポンドタイプではなく、ストリームタイプの釣り場です。

毎日午前と午後に放流をしているので魚の量がとても豊富。

特に土曜は「特別放流」と称してニジマス以外のレアな魚を放流して釣り人を楽しませてくれる素敵な場所です。

食堂や綺麗なトイレもあり、釣り初心者でも気軽に楽しめます。

ただし、ここまでたどり着くためには山道をひたすら走るので、そこは結構大変。

 

〒252-0155 神奈川県相模原市緑区鳥屋3627

途中高速で渋滞にはまりましたが、11:30頃に無事到着しました。

以前は上流がエサ釣りエリア、下流がルアー、フライ、テンカラエリアとなっていましたが、昨年(2019)の台風19号の影響で現在はこのようなエリアを入れ替えたレイアウトになっています。

今の営業スタイルになってからは初めての訪問なので非常に楽しみです。

お値段(大人)ですが…。

ルアー、フライ、テンカラ釣り場を利用する場合、

1日券(6:00~17:00):4700円

半日券(12:00~17:00):3500円

アフタヌーン券(12:00~19:30):4700円

イブニング券(15:00~19:30):3500円

ナイター券(17:00~19:30):2400円

というような料金設定となっております。

 

今回は日が暮れるまで頑張るつもりはないので半日券を買おうと思います。

券の販売はスタート10分前から。

ということで、先に昼食にしておきます。

 

まずはご飯

 

釣りの前にレストハウスで昼ごはんを食べます。

メニューが充実しているだけでなく、自分が釣った魚も調理してくれるようです。

今日、少し早めに到着したかったのには理由がありまして…。

レストハウスで売っている数量限定の「ます親子丼」が食べたかったのです。

券売機で食券を購入。

950円也。

デデーン!

ものすごく美味そうじゃないですか!?

スタッフの方から「今日の身はサクラマスですよ」とのお言葉。

丼にたっぷりのイクラ(鱒子)とマスの刺身。

イクラはしょうゆ漬けですのでそのままいっちゃいます。

刺身はワサビ醤油で。

…うまい、うますぎる!

ごはんに対してイクラの量が多すぎるので、最後はイクラだけ食べなければならないほど盛ってくれています。

満足度がハンパないです。

ふぅ、ご馳走様でした。

さぁ、釣りを頑張ろう!

 

釣り開始

 

受付で半日券を購入してからルアー、フライ、テンカラエリアに移動。

準備が完了したら釣り開始です。

ワクワクしますね。

水中撮影してみましたが上手くいかず。

透明度が高いのはわかると思いますが、魚がうっすらとしか写っていませんね。

実際はめちゃくちゃ魚が泳いでいます。

かなり魚影が濃い釣り場です。

 

今回使おうと思っているタックルがこちら。

ルアー用のスピニングタックル。

・ロッド:スカジットデザインズ・サスペンド

・リール:シマノ(C2000番)

・ライン:PE

・リーダー:フロロカーボン

・ルアー:いろいろ

という構成。

テンカラ用タックル。

・ロッド:テンカラ竿(3.3m)

・ライン:テンカラミディ

・ハリス:フロロカーボン

・毛鉤:自作

こんな感じです。

 

ここは区画ごとに分かれていますが自由に移動が可能。

各区画は上流が落ち込みや流れ込み、下流に行くにしたがってトロ場のようになっています。

流れ込み部分は白泡が立っていて、数は少ない(見えない)がやる気のある魚がいる感じ。

トロ場の方は目視できる魚がいっぱい泳いでいますが、あまりやる気はなさそうです。

 

やる気のある魚を攻めるか、やる気のない魚にスイッチを入れるか。

状況に応じて攻め方を変えるのも楽しい釣り場です。

 

それではルアーから開始。

まずは2.5gのスプーンを巻いてみますが反応がない。

色を変えたり、サイズを変えたり、ミノーにしてみたりと頑張りますが反応なし。

釣れない…。

暑いせいなのか、それとも腕のせいなのか…。

まぁ、数年ぶりにルアーロッドを振るくらいですから確実に「腕」なんですけど。

とは思いつつも、周囲のルアー組もあまり釣れていない感じ。ちょっと安心。

 

そのうち午後の放流時間が来ました。

目の前に活きのいい魚が放たれていきます。

よーし釣るぞ!

………

……

…おいおい、釣れないぜ。

まわりを見回しても釣っている人がほとんどいない。

今日は結構な気温(高温)です。

あぁ、これは「腕」のせいだけでなく、暑さ(気温&水温)のせいもあるかもしれませんね。

 

ルアーは終了にして、練習のためにテンカラに持ち替えます。

まだキャストが上手くないので、なかなか狙ったところに飛んでいきません。

それでも頑張って白泡のキワに毛鉤を何度もうちこんでいると…。

ようやく釣れました。

トロ場でも何尾かは反応してくれますが、泡下の魚の方が毛鉤をひったくってくれる印象です。

その後もぱらぱらと釣っていると、いきなりゴツン!

50オーバーの魚がかかりました!

竿を立てて気合を入れた瞬間、ハリスから切られました…。

そんな…ハリスを太くしておけばよかった…。

 

16:00。

残り一時間というところで雲行きが怪しくなってきました。

これは先に魚の処理をしたほうがいいですね。

魚を処理していると足元にヤマビルが!

そういえばこんな看板が立っていました。

ぱっと見ただけでも3~4匹はいるぞ?

ヒルも気になりますが、今は魚の処理に集中します。

案の定、処理中に降って来ました。

しかもスコール級のドシャ降り。

全身濡れネズミです。

処理を終わらせて急いで車の運転席に逃げ込みます。

シャツを脱いで絞ったらぞうきんのように水が出てきます。

うわ、着替えとか持ってきてないわ…。

とりあえず絞ったシャツを着て、ふとハンドルを握っている手を見ると…

 

両手にいつの間にかヤマビルが付いているじゃないですか!

あわてて引き剥がして窓から放り投げます。

気持ち悪い。

退散することにしましょう。

 

運転中にふと下を見ると、ジーパンを上がってくるヤマビル発見。

急いで車を降りてヤマビルをはじき飛ばします。

ヒコヒコ動いて気持ち悪いので踏み潰してグリグリしてやりました。

宮ヶ瀬周辺のヤマビル密度は相当あがっていますね。

 

無事帰宅

 

なんとか家に到着。

気温が高くてよかったです。体温を奪われずに済みました。

濡れたシャツも乾き始めています。

合計13匹。

ビニールに分けて冷凍しておきます。

以前はもう少し釣れていたんだけど…。

次回(いつになることやら)は頑張ります!

 

 

テンカラ楽しいですよ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-魚釣り

Copyright© もっと!自然の中で遊び隊 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.