自給自足生活に憧れるへっぽこサラリーマンです。 諸活動によりGETした獲物の画像を載せる場合もありますので記事によっては閲覧ご注意ください。

もっと!自然の中で遊び隊

狩猟車

ジムニーのライバル?乗り潰して感じた狩猟車としてのパジェロミニ(キックス)の評価

投稿日:2022年9月7日 更新日:

こんにちは「ぴよ」です。

 

 

普段の足&趣味車として日産のキックス(パジェロミニのOEMの方)に乗っています。

それまでは特に不調を感じることもなく快適に過ごしていたのですが、走行距離が15万キロに差し掛かるところで、タービン周辺から異音がするようになりました。

ディーラーで見てもらったところ、やはりタービンのトラブルとのこと。

交換費用を聞いてみたところ、なんとパーツ代だけで24万。

周辺パーツも交換しなければいけない可能性も考えると、工賃を含めて30万以上は考えておいた方がよさそうな感じ。

そして2か月後には車検が控えている・・・。

もしかすると40~50万コースか!?

 

これは新しい車を探した方がいいかも・・・、ということで泣く泣く手放すことにしました。

キックス君、今まで頑張ってくれてありがとう。

狩猟車を探している方、キックス=パジェロミニはとても良い車です。

中古市場ではまだ出回っているので、程度のいいものがあったら購入候補に入れてみてはいかがでしょうか。

 

↓↓車を探すならコチラ!!



どんな用途で使っていたか

 

通勤などで毎日50~60キロほど走り、休みの日は釣りや狩猟などの趣味で使うという「ほぼ通勤車」的な使い方をしていました。

狩猟は農道や林道を走り、田んぼや池などの猟場を巡回する鳥猟をメインにやっていました。

 

良いところ

 

4WDである

そもそも狩猟は山や農道、河川敷など舗装されていない道を走ることがほとんどです。

2WDだとちょっとぬかるみにはまっただけでタイヤが滑って出られないということが起こります。

その点、4WDならば4本のタイヤで路面をしっかりとらえてくれるので、さほど心配なく悪路を走ることができます。

ただし、4WDでもスタックする時はするので、あまり過信していると痛い目にあいます。

(あの時私を助けてくれた軽トラさん、ありがとうございます!)

ちなみにパジェロミニ、2WDの設定もあるようなので購入する際はしっかり確認しましょう。

 

取り回しが楽

大型の4WDはかっこよくて憧れますが、田んぼのあぜ道・農道は車幅が広すぎて通れないことも。

林道も片側が崖だと脱輪しないように気を使うし、車をUターンさせるのも一苦労。

あぜ道・農道の幅は軽トラサイズを基準としているところも多いので、同じ軽自動車のパジェロミニ(キックス)なら問題なく走れます。

林道も道路幅が多少広がっている箇所があれば、切り返しでなんとか向きを変えることが可能です。

 

中古価格がジムニーよりも安い。

山道はやっぱジムニーだろ!の気持ち、ものすごく共感できます。

しかし中古車市場でのジムニーの価格は割高です。

年式が古く、走行距離が多くても「結構なお値段」がします。

ジムニーを探しているなら同じ予算でパジェロミニやキックスを探してみましょう。

年式の割に程度のいいものが出てくる可能性大です。

え、新車でジムニーが買える予算がある?

羨ましい、買っちゃいましょう!!

 

悪路走破性が高い。

あぜ道や農道、河川敷などではあまり気にしたことはありませんが、山中の林道では車体の下を擦ってしまいそうな険しい道もあります。

パジェロミニ(キックス)は最低地上高が195mmあるので、悪路でも下を擦る心配はほとんどなし。

すいすいと林道を進んで行くことができます。

実際に乗っていてこの点で神経を使ったことはさほどありませんでした。

優秀ですね。

 

車が故障しない

タービン壊したのに何言ってんだって感じですが、タービンの耐久性は10万キロが一つの目安らしく、15万キロ近く走ってくれたキックス君は頑張ってくれたと思っています。

しかも、それ以外のところで故障や不具合が起こって修理したということは全くありませんでした。

タイミングベルトなどの劣化するパーツをしっかりと交換して乗れば問題なく走ってくれる丈夫な車です。

(以前乗っていた別メーカの車は電気系統の故障が良くありましたね。)

 

残念なところ

 

燃費が悪い

まぁ、これは4WD車の宿命。パジェロミニ(キックス)の街乗りでの燃費は大体リッター10㎞程度でしょうか。

まぁ、車体の重さが1t近くあるので仕方がないよね・・・。

 

タイヤの値段が高い

パジェロミニ(キックス)は「175/80R15」というサイズのタイヤを履いていますが、そもそも特殊なサイズらしくタイヤの選択肢がそんなにあるわけではありません。

さらにオフロード用のタイヤは舗装路用よりも値段が高めです。

ネットショッピング等で安く売っているところを見つけるのが良いかもしれませんね。

 

荷室がせまい

後部座席が使える状態だと荷物はほとんど乗りません。

私は普段から後部座席を倒して荷室部分を広げて使っていました。

基本は単独行動だったので鳥猟をする程度の荷物では不便は感じませんでしたが、シカやイノシシを狙う忍び猟を始めことで道具が増えて荷室が狭く感じるようになりました。

より多くの荷物を載せたい場合はルーフキャリアやヒッチキャリアなどがあった方が良いかもしれません。

 

まとめ

 

使う環境や用途によって選ぶ車も変わってきますが、お手頃価格で手に入れられて取り回しが楽な悪路走破性の高い車を探している方はパジェロミニ(キックス)おすすめです。

自分の生活スタイルと合っていると感じたなら一度中古車情報を検索してみてください。

 

↓↓車を探すならコチラ!!



 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-狩猟車

Copyright© もっと!自然の中で遊び隊 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.