自給自足生活に憧れるへっぽこサラリーマンです。 諸活動によりGETした獲物の画像を載せる場合もありますので記事によっては閲覧ご注意ください。

もっと!自然の中で遊び隊

2016年度

空気銃で鳥猟!持って行く道具の紹介

投稿日:2016年11月13日 更新日:

こんにちは「ぴよ」です。

imgp2415

 

皆さん色々と今期の猟に向けて準備をしている様子。

ぴよも猟場の下見に行って来ました。

あとは実際に猟場へ持っていく持ち物でしょうか。

ということで、持ち物チェックもしなければいけませんね!

ちなみにぴよは空気銃による「鳥猟」がメイン、と言うより全てなので里山や田畑を中心に廻ります。

ですので道具もそれなりです。

大物猟や山奥に入っていくような装備ではないので悪しからず。

 

狩猟バッグの中身を確認

 

imgp2431

こちらがバッグの中身です。

左から

 

・上段:1/25000地形図  方位磁針(コンパス)  トイレットペーパー  食事セット

・中段:マグネシウムスターター  たまねぎ袋

・下段:レミントンマルチツール  G・SAKAIトラウト&バード  MSRブリザードステイク

 

となっています。

個人的に補足しておきたいことを以下に記します。

 

<1/25000地形図>

埼玉のハンターマップは1/100000で記されていて細かいところがまったく分かりません。

ですからぴよは国土地理院の1/25000地形図を本屋で購入し、ハンターマップ及びグーグルマップと照らし合わせながら確認しています。

1/25000地形図のほうにはマーカーなどで境界線に印をつけたりしています。

埼玉県よ。ハンターマップを見やすくしておくれ!

<トイレットペーパー>

できるならばトイレに駆け込みますが、それが出来ないときも・・・。

ということで念のために持ち歩いています。

中心にある芯は抜いてあります。

そしてバラバラにならないように周りを布テープで固めてあります。

登山する方はご存知?のやり方。

多少は平べったくできるので収納にも便利。

<たまねぎ袋>

ぴよがエースハンターのOH(オーバーホール)でお世話になった「近江屋」さんのHPで紹介されていました。

山で採取した色々なものを入れるのに非常に便利。

袋自体が赤いので、撃ち落とした獲物を入れておくと血が隠れてビジュアル的にも安心です。

<MSRブリザードステイク>

本当は雪山用のテントのペグです。

他の方のHP等を参考に今期から「スコップ」として導入しました。

上のトイレットペーパーとセットで使用する可能性が「大」。

以前はスチール製の折りたたみスコップを使用していましたが非常に重い。

こちらはアルミ製なので軽い(25g程度)。

 

上記の持ち物以外にもハンターマップや弾、カップ麺などの食料等が入ります。

 

 

食事セットの中身はこんな感じ

 

imgp2432

食事セットの中身はこんな感じです。

 

・上段:メスティン(コゲ付き)

・中段:パック燃料  ライター  スイスアーミーナイフ  EPIウインドシールド

・エスビットポケットストーブ  ライトマイファイヤースポーク

 

となっております。これらをメスティンの中に収納して持ち運んでいます。

 

<燃料>

昨年までは固形燃料を使用しておりましたが、メスティンの中に色々詰めると2個しか入りませんでした。

パック燃料にすることでエスビットの中に2個、メスティンに2個の合計4個持ち運べるようになりました。

グラム数的には固形燃料とほぼ同じ。

燃料は100均で購入しましたが、製造元は「ニチネン」なので安心です。

いろんな100均を廻りましたが、ダ○ソーは4個入りでした(他は3個)。

今期初めて使うので、使用感はこれから。

<EPIウインドシールド>

エスビットのポケットストーブは風にめちゃくちゃ弱いです。

昨年まではアルミホイルを使用して風除けとしていましたが今期からこちらも導入。

一応、アルミホイルも折りたたんでエスビットの中に入れています。

こちらもまだ使用していないので、使ってみないと良し悪しが分かりませんね。

 

食事セットに関しては実際に色々試さないといけません。。

使い勝手が悪ければまた考えましょう。

とりあえず今期の持ち物はこいつらを基本にしたいと思います。

 

・2017年度版持ち物はコチラ

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-2016年度
-

Copyright© もっと!自然の中で遊び隊 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.