自給自足生活に憧れるへっぽこサラリーマンです。 諸活動によりGETした獲物の画像を載せる場合もありますので記事によっては閲覧ご注意ください。

もっと!自然の中で遊び隊

2020年度

2020年度 今期狩猟の振り返り

投稿日:

こんにちは「ぴよ」です。

 

 

今期の猟期もなんとか無事に終わりました。

すでに来期はどうしようかと色々考えてしまっている気が早い私なのですが・・・。

とりあえずは備忘録ついでに今期の狩猟を振り返ってみようと思います。

 

空気銃(エースハンター)での獲物

 

今期は初めてキジが獲れた年でした。

しかも複数。エースハンター君が頑張りました!

今期は「これ」をやったから劇的に猟果が変わりました!っていうのがあればいいのですが・・・。

いつも巡回してる複数の場所でいつも通りの方法で獲ったので、やり方が昨年から大きく変化したというわけではありません。

考えられることは・・・

・日の出の時間帯から猟場を巡回するようにした(前年度までは9時くらいに家を出る感じだった)

・今期は偶然その場所で繁殖したキジが育っていた

・前年度よりキジを見つける目が養われた

・双眼鏡での確認作業が増えた

ということでしょうか。

色々な自然的要因が重なって獲れたのだと思いますが、やはりキジを探せる目が少しは養われてきたことと、確認作業が増えたことなどの自分の行動の変化も要因の一つだとは思っています。

でも来期はこんなに上手くいかないんじゃないかなぁ。

その他には、毎年お世話になっているヒヨドリとキジバト以外にコガモも獲れました。

こちらも初獲物。

今年は冷凍庫の中身がとても豊かになりました。

美味しくいただきたいと思います。

 

散弾銃(M1100)の獲物

 

散弾銃は空気銃に比べて音が大きいので、ハンターマップ的には撃てる場所であっても実際に撃つのはためらうことが多かったです。

散弾銃を撃つ音が聞こえても気にしていない、もしくは困っているからどんどん撃ってくれという地域もあれば、のろのろと車を走らせているだけで訝しげな視線を送ってくる地域もありますから。

結果的に散弾銃の猟では巡回する場所が限定されてしまいました。

そんな中でもなんとか散弾銃でキジをGETしました。

写真はありませんが、ムクドリも1羽獲らせていただきました。

散弾銃での鳥猟に関しては、まだ県内に回っていないところはたくさんあるので、今後は新たな猟場開拓が必要ですね。

 

山の中ではイノシシと遭遇。

獲ることは出来ませんでしたが、確実に獲物がいるということが確認できました。

来期は今年以上に大物猟に力を入れようと思います。

何とか1頭仕留めたいですね。

 

ということで今年度の振り返りでした。

次年度の猟期を楽しみに待ちながら、とりあえずは他の外遊びを楽しむことにしましょう。

それではハンターの皆様、お疲れさまでした!

 

今期獲った数:キジ×3、ヒヨドリ×1、ムクドリ×1、キジバト×2、コガモ×1

 

山菜取りや渓流釣りに行くときは熊鈴を身につけましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-2020年度
-,

Copyright© もっと!自然の中で遊び隊 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.