自給自足生活に憧れるへっぽこサラリーマンです。 諸活動によりGETした獲物の画像を載せる場合もありますので記事によっては閲覧ご注意ください。

もっと!自然の中で遊び隊

2017年度

空気銃猟 雪の中ヒヨドリを捕獲

投稿日:

こんにちは「ぴよ」です。

 

 

関東に二回目の雪が降った日のお話。

 

その日は休みで猟に行く気満々だったぴよ。

朝起きて窓の外を見たら愕然ですよ。

また積もってる…。

しかも何か予報より多くないか!?

さすが内陸の埼玉。しかもぴよが住むのは山の方。そりゃ積もるわ。

…ふぅ、仕方ない。モーニング雪かき開始です。

 

雪国の人は毎回コレやってるんですよね。

尊敬致します。

ぴよは今期二回目(二週連続)で、すでにお腹いっぱい。

そして前回の雪かきの筋肉痛が地味に残っています。ツライ。

ぴよが雪かきしてる横で娘が雪で遊んでいます。本人は手伝ってるつもりらしいけど。

楽しそうなので、まぁいいかって感じです。

 

雪かき終了した頃には疲れが…。

しかも、周辺の道路を見ると結構雪が積もってる場所もあったりして出猟する気持ちすら揺らぎます。

でも、ここで負けてはいられない!

雪の猟場を見てみたいのもあり、とりあえず車を出すことにしました。

最悪ドライブして帰ってくればいいや、程度の気持ちで出発です!

 

雪の日は鳥がよく見える

 

猟場周辺に着くと、やはり雪が積もっています。

しかしながら、車が四駆なこともあり、走行自体は特にツラく無い。

やっぱり四駆は偉大だね!

周りを見まわすと鳥がたくさんいる!…ような気が。

多分、普段と数は変わらないのでしょうが、雪のおかげなのか鳥がよく見えます。

ただしその分、向こうからもコチラが丸見えじゃないのか?

とはいえ、獲物が確認できるとやはりテンションが上がりますね。

 

いつものように待つ

 

寒い&雪が降っている状況ですが、待ち猟をします(笑)

この為に上着(インナー)をたくさん着込んできました。

いつものヒヨドリが巡回する木に到着。

なるべく枯れ草と同化できるところを探してスタンバイ。

 

雪に直接座ると尻が濡れるので、100均の折りたたみクッションを使います。

普段の待ち猟でも使っていますが、尻が痛くならないのでオススメです。

100均、侮れません!

 

ヒヨドリGET

 

雪で野菜が埋まってしまって食べ物を口に出来ないのか、いつもよりヒヨドリがやってくる感じ。

雪の中でも元気ですね。

射程内に入る獲物の数が多いとやる気も上がってきます。

ポンプをして空気注入、スコープを覗き、落ち着いて…トリガー。

発射!

 

中りません。

ガク引きか…。

獲物欲しさに焦っているのかも。

幸いヒヨドリはまだお食事中。

再度狙います。

発射!

 

…木から落下するヒヨドリ。

よし、仕留めた!

回収に向かいます。

ヒヨドリGETしました。

雪の中、出猟してよかった。

 

この後も中らなかったり、中てたりして合計三羽GETしました。

もう少しHIT率を上げなければ。

猟期あけたら射撃場で練習します…。

 

獲物をいただく

 

家に帰って羽毟り。

ベランダは雪が積もっているので、今回は玄関で。

羽が舞うので、本当は室内で羽毟り嫌なんですが仕方ない。

今回のヒヨドリは

①ヘッドショット

②首筋通過

③胸貫通

という状態でした。

ヘッドショットor首辺りで仕留めたいですね。

ちゃんと射撃場で練習します。

 

とりあえず、胸貫通のヒヨ本体とホルモン系(ハツ・砂肝・レバー)を頂きます。

本体はカリカリに焼き上げました。

脂がのっていて美味しい!

ホルモン系も安定の美味しさ。

コレだけ揃うと酒のアテに丁度いいですね。

 

残りは真空パックにして保存しておきます。

こいつも食べるのが楽しみです。

 

今期もあとわずか。

事故だけはおこさないように頑張っていきましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-2017年度
-

Copyright© もっと!自然の中で遊び隊 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.