*

激うま!?カラスの肉でミートパイを作る

公開日: : 最終更新日:2018/03/25 狩猟 ,

こんにちは「ぴよ」です。

 

前回しとめたカラス

一般の方々はカラスと聞いただけで「え!?食べるの??」なんていいそうですね。

西洋では高級食材らしいけどもイメージが先行して…な感じでしょうか。

まぁ、ハンターになる前のぴよも、そんなリアクションだったかもしれません。

でもカラスのスナギモは美味しかったです。

どうせならみんなに愛されてほしい。

どうやって食べようか考えてました。

そうだ!

見た目も可愛くおしゃれなパイにしよう!

…ということでミートパイ、作ります。

レッツ、クッキング!

 

ミンチにする

 

まずはカラスの肉をひき肉にしなければいけません。

ということで買ってきましたよ、貝印のヘルシーミンサー。

肉だけでなく、魚や野菜なんかも細かくできる優れものらしいです。

金属製のミンサーが本格的で良いんですが、ぴよは鳥肉しか確保できないのでこれで良いです。

コイツでカラスのムネ肉をひき肉にします。

どうです、ハンドルをくるくる回すとミヨーンと肉が出てくるのです。

面白い。

そしてこんな感じになりました。

このミンサーいいな。

色んな料理に使っていこう。

 

野菜を刻む

 

お次は野菜です。

今回使用するのはにんじんと玉ねぎ。

にんじんは1/2、玉ねぎは1/4を使用。

ここらへんは、肉の量とのバランスで適当に決めました。

こいつ等を包丁でみじん切りです。

 

まぁ、こんな感じでしょう(笑)

 

炒める

 

オリーブオイルを垂らしてフライパンを温め野菜から投入。

火が通ったところでカラスのひき肉も投入。

まぜまぜしながら塩コショウ、味付けにソースも少々。

いい具合に火も通ったみたいです。

この時点で肉をつまんでみましたが臭みも無くGOODです。

火からおろして少し冷まします。

 

パイ生地で包む

 

耐熱皿にバターを塗ってパイ生地を敷きます。

その中に肉を投入!

上にもパイ生地をかぶせて卵黄を塗ります。

上のバッテン模様はパイでよく見かけるのでやってみました(^_^;)

別にやらなくても味に違いは無いはずです。

さぁ、あとはオーブンに入れて焼くだけです。

 

完成&食す

 

完成!

なにこれ!?超おしゃれじゃない??

むしろシャレオツ。

代官山のカフェで出てきても良いじゃん。

すみません、言い過ぎました。

でもこれカラスなんですよー。

黙って出してもわかんないですよー。

ということで、いざ試食!

 

……

ウマッ!

なにこれ。うますぎるんですけどー。

完全にカラスをナメてました。

ためしに嫁にも食べさせてみたらビックリしていました。

嫁曰く、食感は「牛肉と鶏肉の中間」だそうです。

うん、ぴよもそんな感触でした。

鶏肉とはちょっと異質な感じですね。

でもうまい(^o^)

ありがとうカラス!

これからもよろしく!

 

またひとつ、クッキングスキルが上がったぴよでした。

 

スポンサードリンク

関連記事

コレを選べば間違いなし!?狩猟で役立つオススメ100均アイテムを紹介

こんにちは「ぴよ」です。     振り返ってみると空気銃を所持

記事を読む

ブッシュクラフトで人気!北欧「モーラナイフ」購入

こんにちは「ぴよ」です。   猟期もあと少し。 そろそろ終猟後のことを考

記事を読む

モーラナイフ 100均アイテムで峰部分の研磨

こんにちは「ぴよ」です。   前回の記事でも書きましたが、このたび「モーラナイ

記事を読む

スコップ代わり、ブリザードステイクのグリップ部分にパラシュートコードを編んでみた

こんにちは「ぴよ」です。     ネットサーフィンをしていると

記事を読む

長瀞射撃場でオーバーホールしたエースハンターのスコープ調整してきた。

こんにちは「ぴよ」です。 猟期も近づき(北海道は始まってますね 羨ましい)、ハンターに

記事を読む

貧乏人の味方!?エースハンター

こんにちは「ぴよ」です。     今回はぴよが使用して

記事を読む

鶏ガラならぬ烏ガラ投入 圧力鍋で作る激ウマ「カラスシチュー」!

こんにちは「ぴよ」です。   猟期中に獲ったカラス二羽。 一匹はミートパ

記事を読む

モーラナイフ 黒錆加工に挑戦

こんにちは「ぴよ」です。   前回購入した「モーラナイフ」。 峰の部分も

記事を読む

猟銃・空気銃所持許可証の用途に「有害鳥獣駆除」を追加申請した件

こんにちは「ぴよ」です。     ぴよが住んでいる場所は、自宅

記事を読む

ハンティングエアライフルガイドブックを買ってみた

こんにちは「ぴよ」です。   Amazonで買いました。 「Gu

記事を読む

スポンサードリンク

Comment

  1. 槍のナガサKI より:

    おっ、パイ美味しそう!(下品)
    いやマジでマジで。(^o^;
    一説にはカラス肉は牛肉っぽいと言われますが、そんな味だったのでしょうか?…想像すればするほどヨダレが…(^q^)

    ヒヨドリ等小鳥の美味しい食べ方なんですが、当方は「炊き込みご飯」とかで味わってみたいですねー!あとは季節柄の冬瓜と一緒に骨ごと煮込んでのスープとか…
    当方は鳥は獲れないんですが、ぴよさんがどんな鳥を獲ってどんな料理を創るか、凄く楽しみにしてますんで、これからも宜しくお願いします。(⌒0⌒)
    頼むぜ、埼玉のヴァシリ・ザイツェフ!!(笑)

    • s-asobitai より:

      槍のナガサKI様

      マジでおっぱ・・・いやいや(^_^;)
      味は嫁との共通認識で「牛肉っぽいね」でした。
      世間のうわさは間違っていません。本文中にも記載しておきます。

      炊き込みご飯とスープですかぁ。なるほど。
      いいですね。作ってみたいと思います!
      残りの猟期も楽しみますよー。

    • トキハ より:

      槍のナガサKI  さん

      冬瓜は文字は冬とありますが夏の野菜ですよ。

      • s-asobitai より:

        トキハ様

        えぇー、本当にぃ~?
        と思いネットで調べたら・・・マジだった!
        ぴよも知りませんでした。名前から冬のものと思い込んでました。
        ありがとうございます。
        でも冬野菜みたいな食べ方するんですよねー。不思議。

  2. トキハ より:

    ひき肉をするためにミンサーを買うなんてス・テ・キ!w
    ステンレスでも関孫六をお持ちで、オーブンをも使いこなすとはぴよさん只者じゃないわ、凄いですね!
    ちょっと、いやだいぶ見直しました。m(_ _)m

    冬瓜ですけど、ありゃ、ご存じなかったですか?
    ありがちですけどね、字を見て思い込みと言うか…。
    出汁で煮て、銀餡をかけたら料亭で出てきてもおかしくないです。(笑)
    それを冬でなく、旬の暑い夏に食べてどうなんだというツッコミは置いてきます。

    【糸瓜】をヘチマと読んでも、それは見た目どう考えても違うとか、荷物の上下を気にする時の【天地無用】だってよく考えたら不安になるし。(笑)

    【小豆】だって、あずきではなく、『しょうず』と読む場合がありますよ。
    穀物の業界や相場取引では当然しょうずです。

    ちなみに四国に浮かぶオリーブの島、小豆島(しょうどしま)はwikiによると『古代には「あずきしま」と呼ばれ、その後中世までは「しょうずしま」と呼ばれた』とあります。地理的、行政的に言うと、香川県小豆(しょうず)郡には、土庄町と小豆島(しょうどしま)町があるようです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク




  • 名前:ぴよ
    性別:男性
    妻・娘・息子の4人家族
    仲良く楽しく暮らしています。
PAGE TOP ↑