*

仕事帰り、深夜に用水路でザリガニ釣りをしてみる

公開日: : 最終更新日:2017/08/09 生き物

こんにちは「ぴよ」です。

 

 

勤め人であるぴよは、普段は仕事をしております。

休みの時は自由に遊びたい!

と思っても家族が増えたばかりのこの時期、ぴよだけ休みに遊びに行くのは夫婦仲の危機を招くことになるでしょう。

そこでぴよは閃いた!

 

休日に遊べないなら、仕事の後に「夜遊び」すればいいじゃない!

 

普段から仕事柄帰宅時間が遅いので、いつも帰ると嫁と子どもたちはすでに寝ています。

夜こそぴよの自由時間じゃないか!?

ということで夜遊びしてみました。

 

用水路をのぞいてみる

 

通勤時、たまに通る田園地帯。

ちょっと車から降りて用水路の確認。

昼間はこんな感じです。

底まで見えていますが、生き物反応はわずか。

壁の隙間や底にもぐって隠れているのでしょう。

 

しかし、夜にいくと…

 

このようにザリガニさんがあちこち用水路の中を歩き回っています。

こんなにザリガニが見えるなら、サイトフィッシングが出来ますね。

よし、こいつを釣ろう!

 

釣りの準備をする

 

100均に行き道具を購入。

 

買ったもの

・バケツ

・糸(裁縫用のもの)

・スルメ(エサ)

・網(ザリガニを受け止めるため)

 

400円程度で夜遊び出来るとは、なんて安上がりなんだ。

 

釣ってみる

 

仕事終わりに用水路に到着。

糸にするめを結びます。

さぁ、出撃だ。

昼と違いザリガニが隠れ家から出てきているのでよく見えています。

エサの匂いで寄せるより、ザリガニの目の前にスルメを垂らすほうが効率が良いみたいです。

サイトフィッシングですから、ザリガニがたくさん見える場所の方がいいですね。

素敵な場所さえ確保できれば30秒~1分程度で1匹のペースで釣ることが出来ます。

 

10分もしないうちにこんな感じ。

この後も釣り続け、大きいものだけを残して他は用水路に戻しました。

そいつらを家に持って帰ります。

 

さぁ、コイツらをどうしよう。

スポンサードリンク

関連記事

イナゴの佃煮とバッタの素揚げを作って食べる。

こんにちは「ぴよ」です。     ※虫を調理する画像があります

記事を読む

ミシシッピアカミミガメ(あわよくばスッポン)を捕まえに行く

こんにちは「ぴよ」です。   夜はあちこちから虫の大合唱が聞こえ、秋を感じるよ

記事を読む

フランス料理では高級食材 ザリガニの塩茹でを食す

こんにちは「ぴよ」です。     用水路から獲ってきたアメリカ

記事を読む

ペットボトル製のびんどうで獲物を手に入れる

こんにちは「ぴよ」です。     世間的にはゴールデンウィーク

記事を読む

イナゴ袋を作ったので田んぼにイナゴを獲りに行く

こんにちは「ぴよ」です。     ここ最近こちらでは、あれ?梅

記事を読む

スポンサードリンク

Comment

  1. トキハ より:

    いやぁ、ザリガニがいるなんてなんて自然豊かな…。w

    千葉の伯母の家に行くとよくザリガニを採ってきて、外にある洗濯機でガーッと回して尾っぽだけにし、天ぷらやフライで食べましたよ。

    泥臭いと思ったらしばらく真水で飼って泥を吐かせるといいと思います。
    病原菌や虫の話になると無理ですが、もともとは食用のために輸入した食材ですからね。

    • s-asobitai より:

      トキハ様

      蛸を洗濯機に入れてヌメリを取るのは聞いたことありますが、ザリガニを洗濯機で回すのですか?
      粉々になったりしませんか?
      ものすごく興味があります。

  2. トキハ より:

    その伯母さんちの洗濯機は古い2槽式でしたが、連続ではなく数分かけては様子を見、また動かしてだったと記憶しています。

    水の量が少ないとザリガニにダメージがありますが、水を多く入れたら流れの早い所で泳いでいると同じではと思いますが。
    結局は洗うのと胴体を外す両方なのですが、身を外すのは出来ても洗うのが大変ですからね。
    (;一_一)

    蛸を洗濯機…テレビで見たことはありますが、家庭でやったらエライぬめりで洗濯ができなくなりますよ。
    数杯なら手でよく洗って塩でもめばいいこと、茹で蛸とは全く別物で自分で茹でると美味しいですよね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑