自給自足生活に憧れるへっぽこサラリーマンです。 諸活動によりGETした獲物の画像を載せる場合もありますので記事によっては閲覧ご注意ください。

もっと!自然の中で遊び隊

菜園

拡張した畑に購入した苗を植える&袋囲い(行灯)の設置

投稿日:2017年4月14日 更新日:

こんにちは「ぴよ」です。

 

今年頑張って庭の畑の拡張をしました。

今回はそこに苗を植えたいと思います。

ちなみに旧畑部分には大根とほうれん草を植えています。

ただいまこんな感じです。

あちこちから出てくるスギナにイラっときますが、順調?に育っております。

収穫が楽しみです。

 

苗を植える

 

では、畑の拡張した部分に苗を植えていくことにしましょう。

今回購入してきた苗はコチラ。

・ミニトマト

・中玉トマト

・ナス

・オクラ

でございます。

トマトは娘が大好き&毎年育てていて安定の収穫量なのでチョイス。

とはいえ、中玉は今回初購入。

ミニと実の大きさの差が気になるところですね。

あまり違いが無いなら来年は大玉にします。

ナスとオクラは今回初めて育てます。

失敗したら…まぁ、来年の糧にします(^_^;)

ちゃんと育ってほしいですね。

 

まずは畝を二つ作ります。

トマトエリアと、ナス&オクラエリアでいきたいと思います。

備中鍬で土をかき混ぜているとコイツが出て来ました。

オケラちゃんです。

うちのこんな小さな畑にいてくれるなんで嬉しいですね。

ちょっと横に移動してもらいました。住んでていいよ。

片手鍬を使い畝を二つ作ってこんな感じに植えました。

 

行灯を設置

 

次は行灯(苗を袋で囲む)の設置です。

行灯が苗を風などから守って根を張りやすくするらしいです。

ぴよは去年設置しなかったので、折れて終了した苗もありました。

今年はちゃんと育てたい!

ということで、家にある支柱と購入してきた支柱で行灯を装着!

支柱の長さがバラバラなのは見なかったことに(^_^;)

本業の方は肥料の袋などを使っているようです。

ぴよはそんな袋のストックはないので、大きめの買い物袋を流用しました。

まぁまぁ様になっているのではないでしょうか(^_^;)

元気に育ってくれると嬉しいですね。

 

反対側を見てみると…

芝生エリアはスギナ祭り。

萎えるー。

 

 

こんなのもあるんですねー。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-菜園

Copyright© もっと!自然の中で遊び隊 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.