自給自足生活に憧れるへっぽこサラリーマンです。 諸活動によりGETした獲物の画像を載せる場合もありますので記事によっては閲覧ご注意ください。

もっと!自然の中で遊び隊

防災・災害対策

災害体験型ゲーム「絶体絶命都市シリーズ」で防災意識を高める

投稿日:2018年8月28日 更新日:

○ゲームの攻略記事ではありません。

こんにちはぴよです。

 

 

みなさんは災害時に役立つ情報をどこで手に入れていますか?

書店に行けば防災関係の書籍はたくさん出ていますし、災害時を想定した漫画やアニメ、映画など様々なものが世に出ています。

いざというときの為に情報を集めておくことはとても重要なこと。

しかし、情報や知識で頭でっかちになってしまうのも考えものです。

蓄積した知識を初めて実践するのが災害現場では不安ですね。

その不安、ゲームで災害を疑似体験(シミュレート)することによって、解消されるかもしれません。

イメージをつかむことで、いざという時の助けにもなりますしね。

 

というわけで、オススメのゲームが「絶体絶命都市」シリーズです。

実はぴよもこのゲームの大ファンです。

 

絶体絶命都市シリーズとは

 

絶体絶命都市とは、アイレムソフトウェアエンジニアリング株式会社(アイレム)が製作していたサバイバル・アクションアドベンチャーというカテゴリーのゲーム。

主人公に襲い掛かる様々な障害(災害時々人災)から切り抜け、無事に脱出することがプレイヤーの使命です。

シリーズごとに扱っている災害は異なりますので、タイトルごとに様々なシチュエーションが体験できるのがGOOD。

ちなみに、ゲームの攻略目的及び想定している災害は以下のとおりです。

 

絶体絶命都市(PS2)

・人工島からの脱出

・地震災害を想定

 

絶体絶命都市2(PS2)

・地下都市からの脱出

・洪水・浸水災害を想定

 

絶体絶命都市3(PSP)

・人工島からの脱出

・地震災害を想定

 

そして、これらに続くものとして「絶体絶命都市4」が開発されていましたが、2011年3月14日に「4」の開発中止が発表されました。

その後、全シリーズが販売中止となってしまいました。現在は紆余曲折を経て当時の開発陣が新たに立ち上げたグランゼーラという会社が版権を取得しています。

シリーズ全作、グランゼーラのHP上でダウンロード販売されています。

新会社で「4」の開発を継続、そして名前を変えた新作「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」が2018年10月25日発売予定(PS4)となります

 

災害経験者も評価するゲーム

 

インターネット上で検索してみると、「絶体絶命都市」をプレイしたことがある人は、実際に災害を経験した人たちの中にも多いみたいです。

「実際の現場で役に立った」、「状況のイメージが出来た」というコメントが見つかりました。

災害を経験した人も有益なゲームと認めているようです。

やはり、自分で状況が予測できる&自信をもって行動できるということは心に余裕が生まれますからね。

 

専門家による「災害マニュアル」が収録されているのが良い

 

ゲームゆえにストーリー上、過度な演出等があることは確かですが、ゲーム内の各イベントは実際にありそうなシチュエーションを集めています。

絶体絶命都市1&2も防災意識を高めるのに十分役立つコンテンツでした。しかし、絶体絶命都市3は防災啓発の意味合いがより高い作品となっています。

それは、専門家である渡辺実氏の監修による「災害マニュアル」をゲーム内に収録したからです。

シチュエーションごとに注意しなければいけないポイントが表示されることで、災害時に取るべき(もしくは取ってはいけない)行動を知ることが出来ます。

遊びながら危機管理を学べるというところも、このシリーズ(特に3)の魅力のひとつだと思います。

 

絶体絶命都市4Plusでは消防局とのコラボが実現

 

今回の作品「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」では「神戸市消防局」とタイアップするということがプレスリリースされています。

注目すべき点はゲーム会社からの打診ではなく、消防局(行政)から直接ゲーム会社(グランゼーラ)側に持ちかけたという点。

これは実際の災害現場に立つ方達が、「絶体絶命都市」が単なるゲームではなく防災意識の啓発に役立つと認識しているということです。

行政側からのプローチ&コラボってなかなかないと思うのです。

現場が認めるゲームってすごいと思いませんか?

 

 

ここまで防災意識の視点で記事を書いてきましたが、このゲームは純粋に「娯楽としてのゲーム」視点でも面白いです。

そもそもゲームは危機管理意識を高めるためにするわけではないですしね。

まずは絶体絶命都市シリーズの世界観を楽しんでいただけたらと思います。

 

ぴよはもちろん「買い」ますよ!

本体持ってないので本体も…それがファンとしての使命!

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-防災・災害対策

Copyright© もっと!自然の中で遊び隊 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.