*

モーラナイフ 黒錆加工に挑戦

公開日: : 最終更新日:2017/09/25 狩猟

こんにちは「ぴよ」です。

 

前回購入した「モーラナイフ」。

峰の部分も研磨して素敵な感じになりました。

ぴよが購入したモーラナイフはカーボンブレード(炭素鋼)なのでサビに弱い。

どうしたものかとネットを検索してみると「黒錆加工」というものが良いらしい。

黒錆加工をすることで赤錆の発生を防ぐみたい。

フライパンやスキレットのシーズニングと同じ理屈みたいです。

モーラナイフが長く使えるならやるしかない!

というわけで黒錆加工開始です!

 

用意するもの

 

・ナイフ(カーボンブレード)=モーラナイフ

・紅茶パック

・酢

 

たったこれだけ。黒錆加工って簡単!

 

①脱脂する

 

まずはナイフに付いている油分を取ります。

中性洗剤などでゴシゴシ洗いましょう。

アルコールやシリコンオフなどを使っている方もいるみたいです。

とにかく油分を落とします。

その後はきちんとナイフを拭きましょう。

「ちょっとぐらい良いや」と思っているとすぐサビ始めます。

カーボンブレード恐ろしい。

そう考えるとステンレスってメンテナンス楽ですね。

 

②紅茶を煮出す

 

紅茶などに含まれるタンニンという物質が黒錆定着に有効とのことなので、ぴよは紅茶を購入。

濃い方が効果的らしいので3パックを煮出します。

あぁ、飲んだら絶対苦いだろうな、って色まで煮てやりました。

 

③酢につける

 

紅茶を冷ましたら、容器に注ぎ、その中に酢を入れます。

強い酸性のものなら酢以外のものでも良いみたいです。

ポッカレモンなどを使っている方もいました。

黒錆加工している方々の情報を見ると

紅茶8:酢2

の比率が良いみたいです。

と、いいながらぴよは少し多めに酢を入れてみました。

モーラは安いので仕方がありませんが、ハンドルとブレードの間に少し隙間があります。

そこに水分が入るとサビの原因になりますので、何かで隙間を埋めるか奥まで黒錆化させたほうがよいでしょう。

ぴよはハンドル部分も少し漬けて隙間も黒錆化するようにしてみました。

数時間でOKという情報もありましたが、ナイフを液体から上げてみると黒色が薄い気がしたので一晩漬けておきました。

 

完成!

 

一晩明けて容器を見ると紅茶が黒く変色しています。

匂いもすっぱい感じで絶対に飲みたくない代物です。

ナイフを取り出すとイイ感じに黒く変色していますよ。

そのままドライヤーで風を当ててナイフを乾燥させます。

 

ということでこんな感じになりました。

うん、始めとは全然色が違いますね。

黒錆もばっちり付いています。

若干色ムラがありますが、別に飾っておくために加工したのではないので気にしません。

どうせ使っていくうちにキズなんかも付くでしょうからね。

黒錆加工完了だ!

 

さぁ、今年はコイツと遊ぶぞ!!

山屋ならオピネル(OPINEL)?

スポンサードリンク

関連記事

猟期目前!カモキャッチャーを自作で作る

こんにちは「ぴよ」です。   朝夕が寒くなり、猟期が近づいていることを

記事を読む

ブッシュクラフトで人気!北欧「モーラナイフ」購入

こんにちは「ぴよ」です。   猟期もあと少し。 そろそろ終猟後のことを考

記事を読む

空気銃で鳥猟!持って行く道具の紹介

こんにちは「ぴよ」です。   皆さん色々と今期の猟に向けて準備をしてい

記事を読む

長瀞射撃場でオーバーホールしたエースハンターのスコープ調整してきた。

こんにちは「ぴよ」です。 猟期も近づき(北海道は始まってますね 羨ましい)、ハンターに

記事を読む

モーラナイフ 100均アイテムで峰部分の研磨

こんにちは「ぴよ」です。   前回の記事でも書きましたが、このたび「モーラナイ

記事を読む

ハンターになりたい・猟師初心者だというあなた、狩猟体験に参加してみよう

こんにちは「ぴよ」です。   数年前から起こった狩猟ブーム。 今

記事を読む

春の風物詩、銃砲一斉検査(銃検)に行ってきた

こんにちは「ぴよ」です。     春になるとそろそろいつもの封

記事を読む

貧乏人の味方!?エースハンター

こんにちは「ぴよ」です。     今回ぴよの猟具の紹介

記事を読む

目標までの正確な距離が測りたい suaoki製レンジファインダー(PF3)を買ってみた。

こんにちは「ぴよ」です。     ぴよは狩猟に空気銃(エアライ

記事を読む

雑誌「Fielder」は面白い

こんにちは「ぴよ」です。 仕事が忙しく更新できませんでしたが生きています。  

記事を読む

スポンサードリンク

Comment

  1. トキハ より:

    簡易的な黒染めなのでしょうか?

    四三酸化鉄皮膜処理を俗に黒染めと言って錆を防ぐ時に使うひとつですが、それを紅茶と酢でやるということですかね?

    しかしよくそういう知識を探してきますね。(笑)
    黒染めもそれをしたら錆びないということではないので、表面に油を塗布することをおすすめします。
      

    • s-asobitai より:

      トキハ様

      調べてみたら四三酸化鉄皮膜処理=黒錆加工のようですね。
      山賊ダイアリーでも刃物にオリーブオイル塗ってましたしね。
      ぴよもモーラに塗ることにします。

  2. 槍のナガサKI より:

    黒錆加工とは当方初耳の技術です!青カビ生やして他のカビからチーズを守る的なもんなんでしょうか?(笑)
    モーラナイフもグッとカッコ良くなりましたなぁ♪やっぱり手頃なお値段の品だと遠慮せずに遊び倒せますね(^ω^)

    くそぅ、ぴよさん楽しそうだな…俺もなんか安いナイフ買ってイジろうかな?(;´д`)(笑)

    • s-asobitai より:

      槍のナガサKI様

      そうそう!そんな感じ(笑)
      本当はフクロナガサも欲しいんですけど、買ってもまだ使うところ無いので(^_^;)
      とりあえずモーラで行きます。
      安いは正義ですよ!(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑